第一種動物取扱業【保管】第1123003【訓練】第1123009【展示】第1153004
光姐さんの不妊手術 後編です。

光姐さんを動物病院に託した後、一旦帰宅
待っている間、車のレンタル時間が勿体無かったので(笑)、てるちびを連れて新規開拓に出掛けました。
(この様子は後日記事にします)
14:45 獣医さんより、無事手術が終わり、麻酔から覚めて意識が戻った旨、連絡が入りました

18時 待ちに待った光姐さんとのご対面です
縫合箇所に絆創膏を貼って貰った後、
(受付のお姉さんに抱っこして貰い、めっちゃ嬉しそうにしっかりカメラ目線をしている光姐さんでした爆)
IMG_33890.jpg
摘出した子宮を見せて貰った後、体重測定(28kgでした)をし、お迎え完了~
おかえり光姐さん手術お疲れ様
怖がって帰って来るのかと思っていましたが、嬉しい方向に期待を裏切ってくれました
IMG_3398.jpg
手術した部分はこんな感じ
手術の方法ですが、お腹を開けた後、子宮が何処にあるのか、まずは手で探すところから始めるそうです
(子宮は開腹部から結構奥の方にあるのだそうです
去勢手術はまた方法が変わり、不妊手術の方が複雑なのだそうです。
料金も不妊手術の方が¥5,000高かったです
前足の左側のサージカルテープは点滴痕
毛を剃った周りに付いているのはヨードチンキかな?
IMG_33971.jpg
術部の辺りもペロペロせずに大人しいなぁと思っていたら、用事を済ませた獣医さんが古畑任◎郎の名ポーズで(笑)登場
獣医さん「いやぁ~、ケージの中で待っている間、なっかなかの暴れっぷりでした・・・
青はち夫妻「!!!????
出て来たのはボッコボコのエリザベスカラー1枚。
全箇所、光姐さんの仕業だそうです(爆)
右下の箇所に至っては、ボタンを2箇所も千切り取る所迄やらかしていました
IMG_33990.jpg
ケージの中でお迎えを待っている間、獣医さんがちょっと目を離したスキに「バキッ」の音
見に行ったらヤっちまっていたそうです
しかも、病院内で一番大きいサイズのエリザベスカラーだった上に、これが最後の一枚だったらしいです
獣医さん曰く「他の子はケージ内でエリザベスカラーが邪魔になってもそのまま前へ前へと付き進むのですが、光ちゃんの場合はそこで動きが止まったり、バックしたりしていました。」
ほほ~ぅ思う様に身動きが取れなくなってストレスが溜まり、爆発してエリザベスカラーに攻撃した訳ですな。なるほどなるほど
って、使用不能になったらお買い上げやんかッ!もぅ~
(使える場合はレンタルで済んだのに~

今は舐めなくても、帰宅後舐め始めたら困るので、仕方なく1サイズ小さいエリザベスカラーをレンタル
ニコちゃん顔ながらも、まだエリザベスカラーに慣れなかったらしく、床やドアにぶつかったり、フラフラしながら診察室を出て帰宅しました
IMG_3402.jpg
帰宅後、しんどくなって来たのか、笑顔が消えた光姐さん
IMG_3408.jpg
獣医さんのアドバイスで、エリザベスカラーの代わりに腹巻きを巻いてみることにしました
IMG_34201.jpg
(ちなみにこの腹巻き、青はち妹がクリスマスプレゼントにと、我が夫妻にそれぞれプレゼントしてくれたものでした
妹よ、使う人は違うけど(笑)、ピッタリなプレゼントありがとう

今回の手術は全身麻酔だった為、ついでに歯石除去もお願いしました
光から見て右側
IMG_34251.jpg
続いて左側
IMG_3424.jpg
お迎え当初から付いていて、歯磨きしてもスケーラーで削ってもなかなか取れなかった歯石がキレイに取れていました
なかなか値が張る料金でしたが、お願いした甲斐がありました
ホワイトニングしたかの様に、とっても白くてキレイな歯に生まれ変わりました
歯周病を防ぐことが大前提ですが、改めて毎日ハミガキを頑張る気持ちになるというものです

この日は終日絶食だった為、帰宅後はお水だけ飲んで就寝
光姐さん、本当に一日お疲れ様
IMG_3438.jpg
術後3~4日目に一度病院へ行って経過観察し、術後1週間目に抜糸。
抜糸迄ちょっと気持ち悪いかもしれないけれど、しばらくの間は我慢してね

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

クリック頂けるとうれしいです。
よろしくお願い致します
スポンサーサイト
2013.02.11 Mon l ひかる(不妊手術) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

お大事に!
エリザベスカラーをぼこぼこにするくらい元気、ということですから、帰ってからお腹をペロペロしたくて、また大変でしょうね^^
抜糸まで無事でありますように。
2013.02.11 Mon l mobic(モービック). URL l 編集
コメントありがとうございます
まさかこんな「オチ」が用意されているとは、獣医さんはじめ、誰も思いませんでした(爆)
いろいろな意味で「やっぱり」(笑)この子は私の愛犬だと悟りました

今後も間違いなくいろいろやらかす親子だと思いますので(笑)、お時間許す限り見てやってくださいね
いつもありがとうございます
2013.02.18 Mon l mobicさんへ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://suisenhikaru20090705.blog76.fc2.com/tb.php/1077-22bf2a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)