第一種動物取扱業【販売】第1123002 【保管】第1123003 【訓練】第1123009【展示】第1153004
昨晩、誰もいない広い公園で伸縮リードを伸ばして白毛母子を好きに遊ばせていたところ、おてるちゃんがひかる姐さんにタックルし、ひかる姐さんが吹っ飛ばされる事件がありました。
(多分、おてるちゃんが周りをちゃんと見ていなかったと思います)

体勢を立て直したひかる姐さん、おてるちゃんの正面に立ってしばらく見据えた後、おてるちゃんにマウント&のし掛かり攻撃をかまし、おてるちゃんに母として初めて喝を入れました
今までおてるちゃんにどんなちょっかいを入れられてもニコニコしていたひかる姐さん。
今回はタックルの威力が従来になく大きかったのでしょう。
母として「今回は本気で怒っとかな、今後調子に乗りよるな。」と判断したらしく、のし掛かり攻撃の後、母子で初めてマジ喧嘩を勃発させました。

しかし、ひかる姐さんもちょっとやり過ぎたらしく、おてるちゃんの左目下部に牙を入れてしまい、傷が出来てしまいました。
(ある程度のところで喧嘩を止めさせた後、青はちから母子どちらにも「喧嘩のやり過ぎはアカン!」の鉄槌を下しました)

ひかる姐さんが鼻涙管を損傷した時のことを思い出し、すぐさま県内にある救急病院で受診
IMG_7551_convert_20150927234000.jpg
診察の際、当直の獣医さんに、ひかる姐さんが左目を負傷した時のことを話し、今回の件はそこまで重症化するのかを伺ったところ、「鼻涙管が通っていないところに傷があるので、大丈夫だと思います」とのことでした。

その後、獣医さんに構って貰いながら、消毒したり薬を塗って貰ったおてるちゃん。
IMG_7547_convert_20150927233947.jpg
抗生物質を処方され、手持ちの犬用軟膏の塗る頻度をお伺いして、診察終了。
今週末、経過報告をしに再び来院することになりました。
IMG_7564_convert_20150927234029.jpg
「鼻涙管の損傷はない」と獣医さんが行ってくださったとはいえ、ひかる姐さんの時の一件もあり、完治迄は気が抜けません。
完治迄、しっかり経過を観察し、適したケアをしてあげたいと思います。

今回の一件は母が娘に躾の一環で喝を入れただけなので、勃発後は普段と一切変わらずの仲良しぶりでした
(受診から帰宅した直後、ひかる姐さんが「大丈夫やったか?」と、心配そうにおてるちゃんの顔の周りをフンフンしに行ったり、おてるちゃんが尻尾をプリプリしながら応えていた辺り、「さすが仲良し親子やなぁ」と思いました
→根に持って、また喧嘩する様だったら、いつでも止められる様、構えていたのですが、幸いなことに取り越し苦労で終わりました)
IMG_7557_convert_20150927234012.jpg
おてるちゃんも、ちゃんと周り見て行動せなアカンよ
ひかる姐さんも、やり過ぎはアカンで
どんな理由であれ、喧嘩両成敗ですッ!

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ

にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

一票投じて頂けるとうれしいです。
よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suisenhikaru20090705.blog76.fc2.com/tb.php/2082-7d27d7c7